FC2ブログ

2020-04

コロナウィルスと経済対策

新コロナウィルスの拡散はとどまるところを知りませんが、罹患と同様、経済の心配をしなければならなそうです。
原油が30ドルを切り、アメリカは備蓄原油の放出をやめましたが、原価が40ドルとも50ドルとも言われているシェールオイルは大打撃でしょう。サウジもロシアも背に腹はかえられないのかも知れませんが、中東とロシアがエネルギーを支配するという事態も出てきかねません。
また、新コロナウィルスの発端の中国では、かなりの生産ラインが止まっているでしょうから、モノの供給力もかなり落ちているでしょう。
モノが売れないどころか、スタグフレーションを指摘する識者もいて、下手をすると、我が国経済は破滅寸前の可能性があるのでは。
モノもヒトも動かなくなって、経済が立ち行く筈がありません。
今こそ、そんな悲観的な近未来を想定した経済対策が求められているのではないでしょうか。

9月定例会(議会) 始まる

今日から9月定例会が始まりました。
4月に当選させていただいて、
約4か月ウォッチしてきましたが、
蓮田の市政は、
よく言えば、のんびりした市政。
悪く言えば、少したるんでる市政だと思いました。
6月議会の時も、
予算書が間違っていてシールを貼って訂正していたので、
行政としてこのようなことが今後ないようにと強く言っておいてのですが、
今回また提案した条例案の条文に間違いがあり、
議院運営委員会に出した後でこれが発覚、
本会議直前の昨日になって差し替えを求めてきました。
こういういい加減な自治体はあまりありませんよ。

また、21日に議案が配布されてから毎日勉強していますが、
藤の木の崖になっている緑地帯の設計費1800万円に目がとまりました。
設計で1800万円といったら、
施工工事は数億円ですよ。
25日になって、市役所に、これは何ですかと聞いたら、
擁壁を作るためにボーリング調査をすると言います。
えっ?
あの崖整備するんですか?
おかしいなと思って、
自治会関係者や設計会社などに聞いてみると、
特に崩落の危険性などは議論になっていませんとか、
3メートル程度の擁壁では普通ボーリングはしませんよ、
などとの情報が寄せられました。
今日もみどり環境課とやり取りをしましたが、
ちょっおかしな部分が出てきました。
これは質問をしようと思っています。
9月3日に補正予算などの議案質問、18日から20日までは、一般質問があるので、
お時間がある方は、是非傍聴にいらして下さい。










蓮田まつり

今日は、のくぼ通りで蓮田祭りに出ました。
朝10時半に開会式。
井沼のおはやしが場を盛り上げています。
それにしても、今日も暑いです。
さすがに昼間は人手が少し少なかったようですが、
子どもたちに人気のトレインは今日も賑わっています。
夕方からは、
恒例の盆踊り。
6曲やりましたが、
私が踊れるのは炭坑節だけ。
「北角さん、曲を教えてもらって、ユーチューブで勉強すればいいだよ」
と自治会の役員の方が教えてくださいました。
そうか。今度からそうしようと思いましたが、
知らない踊りを覚えるのは大変そうです。
踊りのプロ、近藤議員に教えを請いに行きたいところです。

いきいきバンドフェスティバル

2019071412450409b.jpeg


今日は、ハストピアで、いきいきバンドフェスティバルがありました。
市内5中学校と小学生バンド、一般のウィンドオーケストラの7チームが、演奏を披露しました。
最初は、黒浜中学校。聖エルモの火を演奏。ピッコロがよくできていましたね。
次は、平野中学校。中学校5校中、編成が1番小さい楽団でしたが、トランペットが素晴らしかったですね。まだ高校がありますから、音大に行けるレベルだと思いました。
その次が、黒浜西中学校。ここは、生徒さんが指揮を振る、かなりアグレッシブなスタイル。出だしは音が揃いませんでしたが、音の強弱や表現のアーティキュレーションもよく考えられており、荒削りながら生き生きとした素晴らしい演奏だと思いました。ドラムもよかったですね。
その次は、蓮田中学校。トランペットが6本、クラリネットが7本(間違っていたらごめんなさい)の大編成でした。
中学生最後は、私の地元蓮田南中学校。吹奏楽連盟の会長をなさっているだけあって、流石の出来栄えでした。ハーモニーをよく考えられてバランスの取れた素晴らしい演奏。来賓の◯◯長さんも、絶賛されていましたね。こちらも、黒浜西中学校と並んでドラムが素晴らしかったですね。この生徒さんも、音楽の道に進まれるのかもしれません。
中学生に続いて、ウィンドオーケストラの演奏、それから小学生のみなさんの演奏があり、最後は、全員で、「蓮田っていいな!」を演奏しました。
楽器が足らない学校もあるので、お隣に座った関根かおり議員さんと、楽器を揃えたいね、という話をし、帰りに、西山教育長さんにお願いしました。
西山教育長さん。これだけ素晴らしい演奏をして、子どもさんたちが頑張っているんですから、お願いしますね。

第41回市民スポーツ大会総合開会式

20190714130533e35.jpeg


今日は、第41回市民スポーツ大会総合開会式が、パルシーでありました。
最初の開式の言葉に続いて選手入場。かわいい子どもさんから大人まで、みんな元気に入場してきます。あれ?入場したら、そこでみな止まってます。私たちの時には、最後の選手が入ってくるまで、みな足踏みを続けていましたが、時代は変わったのですね。
その次が国旗、市旗、体育協会旗、スポーツ少年団旗の掲揚です。あれ?国歌せいしょうしないの?私たちの時代は、「国歌」がなかったので、君が代斉唱でしたが、時代は変わったのですね…。
優勝杯返還の後、庄山大会会長の挨拶。庄山さん、下蓮田のハスピー体操に来て下さっていますが、そんなに偉い方とは知りませんでした。健康づくりやハスピー 体操の話をされていたのが、印象的でした。
蓮田市くらいの規模だと、総合陸上公園は難しいのかもしれませんが、全国大会に出場する選手もいますから、市の予算もやり繰りして、このような分野に回していきたいですね。

6月定例会

6月13日から始まった6月定例会が7月4日で終わりました。私は、一般質問で持ち時間30分をフルに使い、下の11項目を質問しました。
私以外は、質問項目も少なく、議会の議論が足らないなあと強く感じました。私たち議員は、市民の皆さんに代わって、市政をチェックするのが仕事ですから、市長さんに遠慮などしていないで、市民目線に立って、しっかり仕事をしたいと思います。

1.公共交通機関の維持・整備について
(1)いわゆる高齢社会対策として、蓮田市は交通体系においてどのような政策を策定し、実施しているか。
(2)今後高齢者の外出を支援するため、公共交通機関のさらなる整備が必要になってくると思うが、市としても近隣市町村が導入しているコミニュティバスをはじめとしてオンデマンドタクシー・タクシー補助券などを導入してはどうか。
2.道路整備について
(1)通学路など狭隘な歩道の整備について
(2)中心市街地などの電柱の移転について
(3)県道蓮田鴻巣線(旧122号)の踏切道、歩道について
3.小中学校における専門スタッフの設置について
(1)児童・生徒の人間力の育成について、どのような施策を実施しているか。専門スタッフの活用をもっとすべきではないか。
(2)支援が必要な児童生徒・家庭への対応について
(ア)現状はどうか。
(イ)常勤専門スタッフを置き、手厚くしてはどうか。
4.自治会加入促進について
(1)自治会加入促進について、もっと積極的に行うべきではないか。
5.下水道整備について
(1)進捗状況と今後の展望について
6.入札制度について
(1)ハストピア・シルバー人材センター等の入札の適切性について
(2)最低制限価格の根拠とその積算について
(3)安値落札を回避する他の手段について
7.シルバー人材センター事務所等について
(1)庁舎整備計画などとの整合性
(2)本仕様になった経緯
(3)仕様の妥当性
8.蓮田市複写実費徴収制度について
(1)規則について徴収された件数と金額(過去3年間)
(2)公務として行なった複写についても規則の適用はあるのか。
(3)規則の妥当性、適切性
9.国民健康保険税還付と指定金融機関埼玉りそな銀行の業務内容について
(1)国民健康保険税還付と指定金融機関埼玉りそな銀行の業務内容について
10.市の配布物の全戸配布について
(1)広報はすだなだ市の配布物の全戸配布について
11.西口再開発事業について
(1)権利床等整備費について
(ア)根拠(積算)は。
(イ)資金計画表上の位置づけ
(ウ)適切性
(2)権利変換計画など財産処分について
(3)補助金な対象部分はどこか。

運動会

IMG_0035.jpg

(黒浜南小生徒さんの力強い組体操、はだしです!)

今日は、小学校の運動会が各地域で目白押し。
小学一年生の子どもさんは、
つい3か月前までは幼稚園児だったのですが、
入場行進もよくできていました。
親御さんも嬉しかったでしょうね。
運動会日和と言えばそうなのですが、
何しろもう8時半から暑かったです。
体調崩さず頑張ってほしいと思いました。
私は来賓として紹介を受けましたので、
「失敗してもくじけず、力いっぱい頑張ってください。」
とご挨拶しました。

これは本当に心の底から思っていることで、
運動会という競争の中、
良い成績を残せればそれに越したことはないのですが、
一番大切なことは、
その場で全力を尽くすということだと私は思います。
当然失敗もあるでしょうが、
失敗を恐れていては、
将来何事もうまくいかないだろうし、
失敗することで成長もできますし、
また全力で頑張っていれば、
チャンスをつかめる可能性が高くなるということを、
子どもさんたちに理解してほしいです。

学校は、
社会に出る前のいわば訓練所のようなところで、
ここで知識、団体行動、競争など、
社会のあらゆる基礎を学ぶ場です。
ですから、
競争して1番、2番が出るのは当たり前なのですが、
それは人の評価のごく一部のことであり、
それを超えた人間性が重視されるのだということを、
子どもさんたちに学んでいただきたいなと思っています。

今日の運動会では、
自分の出した結果を受け入れ、
他者を尊重することを子どもさんたちが学んでくれたらいいなと思いました。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

北 角 嘉 幸

Author:北 角 嘉 幸
春日部高校、早稲田大学法学部卒業後、第1期政策担当秘書試験に合格。約17年間政策担当秘書として高速道路ETC、防災ヘリなど数々の政策を立案、実現した。直近は、河村たかし名古屋市長の特別秘書として、教育改革、名古屋城木造天守閣事業、名古屋駅前再開発などを強力に推進。平成31年4月、蓮田市議会議員当選。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

来訪者

オンライン カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター